床拭きロボット「ブラーバ」毎日の工夫

2015年に買ってよかった家電NO1

床拭きロボット「ブラーバ」

ブラーバを実際に使ってみて、意外と戸惑うのは
自分の生活にどう取り入れるか??

自分なりに、毎日の生活の中にマニュアル化できないと、
買ったけど今日も使わなかったわ〜ってことが発生!

どうしてそんなことが起こるの??

ブラーバの最大の欠点は、「タイマー機能がないこと」

留守中にお掃除してくれていることはありません。
特にルンバを使っていた人は戸惑いも大きい??

でも最大に良いところは、「静かに動くこと」

半年使ってみて、最近の私のブラーバ生活をご紹介したいと思います。

「平日の朝 基本コース」
(1)ブラーバーの充電器から、本体を床にセットしてスイッチON
「乾拭き機能」を使用

掃除機でほこりを取ると同じ効果だと思っています。
(掃除機を使わないのは、朝早いため、ご近所迷惑にならないように)

(2)「水拭き機能」に交換(手動)

(3)「乾拭き機能」に交換(手動)

そして、終了を待たずに出勤
夜帰宅したら、スタートした場所で(床の真ん中など)
ブラーバが止まっているので自分で充電器にもどします。

(参考【稼働時間】ドライモード:最大約4時間  ウェットモード:最大約2.5時間 )

この3つを終了をするためには、早いスタートが大事です。
なので、朝起きたら、パジャマのままセットしてます(笑)

※ちなみに寝坊した時は、朝は(1)のみ、夜は(2)と(3)を行う
Bプラン??に変更してます(^^)

「休日の朝 上級コース」
(1)掃除機をかける

(2)洗面器に「アルカリ性洗剤&水」で洗剤水を作ってメラニンスポンジを浸しながら、
床をメラニンスポンジでこする

(3)自分の手を使って、雑巾で水拭き&乾拭きする

(4)ブラーバ「乾拭き機能」で、仕上げの乾拭きする

ポイントは、ブラーバーの乾拭きで仕上げをすること。
人間だけで、乾拭きすると、拭きムラがでたり、時間がかかりますが
ここを機械で行うことによって、仕上がり感が違います。

これは、以前、お掃除レッスンを受講したり、
プロのお掃除を頼んだりして、いいとこ取りした方法です。
ちなみにプロに頼むと、たった10畳のリビングでも、1時間以上かかります。
水拭き1回、乾拭き2回で仕上げるためです。
なので、最近床拭きはお願いしていません。
最近お願いしているのは、お風呂場と窓
だってここは機械が使えないんだもの(笑)

akiko2

乾拭きの時は、付属品の専用の乾拭き雑巾の上に、市販の使い捨てドライ用のお掃除シートを取り付けてます。髪の毛やほこりで汚くなるので、使い捨てシートだけをポイ!!
厚みが増して取り付けづらくなりますが、
丁寧に取り付ければ大丈夫です。
最初は使い捨てシートだけで使っていたのですが
下の雑巾の厚みがあった方が断然お掃除効果がアップしますね。

現在発売されている「ブラーバ」
床拭きロボット「ブラーバ」値段の違いは、急速充電器がついているか
(どちらも、「水拭き」「乾拭き」対応)
「380J」急速充電器付き(2時間で完全充電)「371J」急速充電器なし(4時間で完全充電)
私はせっかちな性格なので、急速充電式を使っています
ちなみに並行輸入品についての個人的な意見。
半年で、故障が2回ありました。(すぐに止まってしまう)
偶然かもしれませんが、故障の可能性が少し高い家電のような気がします。
使う頻度が多い方は正規品がいいかもですね。

関連記事

  1. アイロン台をカスタマイズ

  2. BOSE「ワイヤレス機能付きヘッドホン」と「ノイズキャセリングイヤホン…

  3. ブラーバ水拭き・洗剤が使えない??

  4. ブラーバ240と380との違いは?消耗品の価格の比較も

  5. ルンバは必要??

  6. ブラーバを使ってみての感想

PAGE TOP