パイオニア住宅用天井スピーカー「ACCO」使った感想

パイオニア製 住宅用音楽システム「ACCO」


(公式ホームページより)

天井にスピーカーを埋め込んで、操作パネルで音楽を操作するシステム。工事が必要です。

使った感想

2013年に購入。キッチンリフォームと同時に工事しました。

よかった点

■スピーカー本体の高さが短いため、設置できる可能性が高いこと。現在天井スピーカー設置方法は2つ。天井に埋め込む「埋め込み式」とスピーカーが見える「吊り下げ式」

私は、BOSEの埋め込み式天井スピーカーを希望していたのですが、マンションの上の階との隙間が狭いため不可能と判定されました。埋め込み式を希望していた私には最も評価したい点です。

■音漏れ効果がついていること
天井スピーカー特有の音漏れ効果を防止するシステムが導入されています。これは安心材料だと思います。


(公式ホームぺージより)
ACCOスピーカーについての説明はこちら

使いづらい点
■本体パネルの電源が起動するまでが遅いこと
テレビやパソコンの立ち上げに慣れていると、毎回すごく遅く感じます。この機械は天井でインターネット回線に接続されています。

立ち上がるまでの時間に、音符マークが1つづつ表示されますが、せっかちな性格の私には気になる遅さです。銀行の ATM操作より遅い!?

■本体機能のインターネットラジオの設定方法が難しい&手間がかかること

■環境音(世界の鳥やカエルの鳴声 ハワイ島の渓谷の音など)は全然使わないこと。マンションに住んでいるので雰囲気が出ないんだもの(笑)

私の使い方

(公式ホームぺージより)

本体だけでも使えるインターネットラジオ設定は、使いづらいので現在は使っていません。Apple社のiPodtouchを購入して、アプリでインターネットラジオを聞くことで解決しています。
パイオニア公式ホームページ写真もipod-touchが設置されていることからみても、本体のみで使用とは考えられていないのか??

音の評価

うーーん。普通。重低音好きな私としては、あえて普通評価にしました。でも初めての天井スピーカー。天井からの音が流れてくるのはいいものです。

私の音へのこだわり

ここでは、私の音のこだわりのお話を。

マンションを購入した時、音楽環境はどうしようかと悩みました。凝り性な私は「音」にもこだわりが強くて、特に重低音と呼ばれる低音が大好き。引っ越す前はせまい賃貸のアパート暮らし。それなのに!?BOSEの5.1CHのホームシアターセットをもっていました。
でも音楽の世界は、配線だらけ。どうしても新しいマンションには、スッキリした空間が欲しかった。最終的にこだわったのは、「音」ではなく「配線」。コンセントがゴロゴロしているのは嫌だったのです。。。

スクリーンショット 2015-09-09 6.52.54

(画像はお借りしています)

導入のきっかけ

マンション購入時、いろいろ迷った挙句買ったのは上の写真のステレオでした。もち運びできるBang&OlfusenのWiFiステレオ でも。。満足できずに日々を過ごしていました。そんな時キッチンに造作収納家具を作ることに。このことがきっかけで天井をいじることになり、不満だった音楽環境を変えることにしました。

夢だった天井スピーカー。そして私はBOSEファン。なのでBOSEスピーカーをつけたかったのですが、埋め込み式スピーカーが天井に入りませんでした。私のインテリアはベージュが基本色。黒いスピーカーには抵抗がありました。そんなとき提案されたのが「ACCO」でした。えーパイオニア????って最初は思いました(笑)でもインテリアの面から考えると選択肢はなかったのです。

上の写真は造作キッチン収納。「ACCO」操作パネルは、見えないように棚の中に設置しました。

ここで、音楽機械用語について、簡単に説明しておきますね。

5.1CH

音響のシステムは数字で表現します。ホームシアターと呼ばれる分野ですね。音楽だけでなく映像と共に、映画を自宅で楽しむ音楽環境です。現在は5.1chが主流です。

当時はテレビと接続していたので映画はもちろん、音楽もこのスピーカーを経由して聞いていました。「車を閉める音」や「拳銃の音もリアル感」が本物みたい!?

低音とは?

低音の音を出すためには、ウーファーと呼ばれるスピーカーが絶対必要です。
当時bulitooth機能のついた商品がありませんでした。現在は発売されていますが、今でもスピーカーは四角の黒くて大きなサイズ。さらに、音にこだわれば、スピーカーは配置が決まっています。

ここまでの話がちょっと難しい??
BOSEの公式ホームページ ホームシアター説明をどうぞ

<おまけの話>
現在。車には専用の「スピーカー」と「ウーファー」を設置しています。狭い空間は音響設備が配置しやすいの(^^)

ACCO総合評価

(1)音楽配線を隠したい私にとっては満足のいく買い物でした。音楽がどんどん好きになり、家にいるときは、ほとんど音楽を聴いています。でも。。もし引っ越したら??家を黒いインテリアにして BOSEを入れると思います。やっぱりBOSEファンなのです。

(2)音楽の世界は進化していると思います。レコードがCDへそしてスマホで聞く時代に。スピーカー機能も進化していくことでしょう。そう考えると、新しモノ好きな私はこれからも買い替え必須です(^^)

パイオニア住宅音楽システム「ACCO」公式ホームページはこちら

BOSE ホームシアター 公式のホームページはこちら

関連記事

  1. おすすめ音楽アプリ 

PAGE TOP